生成AI、ディープラーニング等のAI活用・導入支援
コンシェルジュサービス

プロダクト開発の課題に並走するAIデザイニング事業

サービス詳細

Hakkyの機械学習プロダクト開発支援は、単なる受託開発サービスではなく、プロダクト開発の課題に並走するAIデザイニング事業です。 「AIを自社サービスに組み込み、継続的に価値を提供し続けたい」というニーズに応え、顧客体験の設計を軸に据えた一気通貫でのプロダクト開発を支援します。 複数プロダクトのサービスインを経験してきたからこそ実現できる、自社プロダクト開発の支援事業です。

サービス画面 / サービス画像

特長

  • 1ユーザーニーズに即したAIの要件定義

    Hakkyは、ユーザーの価値向上のために本当にAIが必要なのかから一緒に考え、ユーザーが利用するほどにAIが賢くなる設計や、AIが失敗際にも体験を損ねない体験フローの設計を、モデルや今後の改善なども見据えておこないます。

  • 2短期間で高品質なモデル構築が可能

    AIプロダクト開発では、精度や実用性の検証のために、PoCのフェーズが必要です。 探索的な分析は、高品質なAIを開発するために必須である一方、試行錯誤すればするほど時間がかかり、費用は膨んでしまいます。 Hakkyでは、AI開発の経験豊富な機械学習エンジニアが自社開発のツールを用いてモデル構築を行うため、通常の5分の1程度の期間でスピーディーに開発が可能です。 素早くプロトタイプまで作成し、運用のプロセスまで乗せることで、コストを抑えながら、自社にカスタマイズされた高品質なAIプロダクトが実現できます。

  • 3プロダクトのモデル組み込み・運用まで支援

    AWSやGoogle Cloudなどのクラウドサービスを利用して、改善サイクルを継続しやすいインフラ・アプリケーションの開発環境を整備。 本番環境へのデプロイ後も、モデル精度の監視・再学習などの運用支援いたします。 また、改善を見越したモデル開発の実験管理や、CI/CDなどの整備、インフラのIaC化など、より早く機械学習サービスを改善できるようなMLOpsを実現します。

その他ポイント・強みなど

■解決する課題 ・AIを使ったプロダクト開発の要件定義ができない ・モデル開発・検証:価値の検証に時間と費用がかかる ・機械学習モデルのプロダクション化ができず、継続的な改善も出来ていない ■その他 ニーズに合わせたAI開発を行います。 まずは「やってみたいこと」や「課題感」をヒアリングさせていただければと思いますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

導入実績

SaaS系ベンチャー企業を中心に、プロダクト組み込みへの実績多数

費用

初期費用お問い合わせください
月額費用お問い合わせください
その他-

お電話で無料相談

基本情報

代表者齋藤 和正
資本金5,000,000円
設立年月2021年10月
事業内容1. データ活用支援
2. 機械学習プロダクト​開発支援
3. データ基盤構築支援

AIの導入方法や選定、活用方法にお困りなら、
いつでも専門のコンサルタントにご相談ください

メールでお問い合わせ

製品・サービスの販売、
マーケティングご担当者さまへ

AI Marketでは、ご契約頂くと、
導入事例や
サービス画面などの掲載が可能です。

ぜひ、自社のPRへご活用ください。 お問い合わせ

おすすめ / 人気の他製品・サービス

お電話で無料相談