AI(人工知能)の活用・導入を支援する
コンシェルジュサービス

病理AI

サービス詳細

例えば、AIソフトの一つであるIndica labs社製の「HALO AI」を使用して、細胞数をカウントした実績があります。 組織スライドあるいはバーチャルスライドを使って、細胞数をカウントし、その結果をお知らせします。

サービス画面 / サービス画像

特長

  • 1病理AIのためのアノテーション

    がん診療のがん遺伝子検査のためにはスライド上のどこにどの程度のがん細胞があるかどうかを示すアノテーションが必要で、病理分野でのAIへのディープラーニングにも必要です。このアノテーションへも対応しています。

  • 2AIソフトで細胞スライドの細胞数をカウント

    がん細胞のスライドからAIで細胞数をカウントする技術のソフト開発を手掛けています。病理医の診断と組み合わせることで診断の効率化が可能です。

  • 3病理画像をクラウドを活用して管理

    病理画像をクラウドで管理するプラットフォームの運用を行う企業と契約を結び、細胞画像を個人情報を保護した上で医療関係者がスマートフォンなどを使って画像を簡単に安全にシェアできるようにしています。

その他ポイント・強みなど

導入実績

費用

初期費用
月額費用
その他

お電話で無料相談

基本情報

代表者 北村 由香
資本金 5,500,000円
設立年月 2017年2月
事業内容 ● コンパニオン診断薬を用いた免疫染色とその解析
● 研究、臨床試験の病理検査の受託
● スライドガラスのバーチャルスライド作製
● 病理コンサルテーション

AIの導入方法や選定、活用方法にお困りなら、
いつでも専門のコンサルタントにご相談ください

メールでお問い合わせ

製品・サービスの販売、
マーケティングご担当者さまへ

AI Marketでは、ご契約頂くと、
導入事例や
サービス画面などの掲載が可能です。

ぜひ、自社のPRへご活用ください。 お問い合わせ

おすすめ / 人気の他製品・サービス

お電話で無料相談