生成AI、ディープラーニング等のAI活用・導入支援
コンシェルジュサービス

記事一覧

自動運転の記事一覧

MaaS活用事例24選徹底解説!不動産・医療・観光・物流で進む革命とAI

今、日本全国で、産官学連携でMaaS(Mobility as a Service)の動きが加速しています。MaaSとは、住民、旅行者一人ひとりの移動ニーズに対応し、複数の交通機関のサービスを最適に組み...

自動運転にAIが欠かせない理由とは?仕組みとメリット・デメリット徹底解説!

米国では、すでに50近い企業が自動運転の公道走行を実施し、年間550万km以上の実績となっている自動運転市場。実は、さまざまなAIの技術が、自動運転の根幹の部分として使われています。 一方、日本では、...

埼玉工業大学、自動運転AIを搭載した大型バスをスクールバスの一部運行に導入

埼玉工業大学は、2022年9月22日、自動運転AIを搭載した大型バス「レインボーⅡ」をスクールバスの一部運行において導入したと発表した。 この大型自動運転バスは、同学がAI技術を応用して開発した自動運...

自動運転AI開発のティアフォー、大規模データの共有で開発を強化する「Co-MLOpsプロジェクト」開始

株式会社ティアフォーは、2024年1月10日、自動運転AI開発に向けた新たな取り組みとして「Co-MLOps(Cooperative Machine Learning Operations)プロジェク...

マクニカ、佐賀県初の自動運転車両の公道走行実験に自動運転EVバス「NAVYA ARMA」提供

株式会社マクニカは、2023年9月20日、佐賀県で初となる自動運転車両の公道走行の実証実験を同県嬉野市にて実施すると発表した。 この実験は、株式会社福山コンサルタント/日本工営株式会社/株式会社ケー・...

オカムラの物流自動化ソリューション「PROGRESS ONE」、トラスコ中山の物流拠点で実証実験を実施

株式会社オカムラは、2024年5月9日、同社の物流自動化ソリューション「PROGRESS ONE」によるピースピッキング作業の自動化に関する実証実験を、トラスコ中山株式会社の物流拠点において実施すると...

セマンティックセグメンテーションとは?深層学習による画像認識の仕組み・インスタンス手法との違い徹底解説

ディープラーニング(深層学習)の発展によって、機械学習に基づいた画像認識技術の一つ「セグメンテーション」の技術は飛躍的に進歩を遂げています。 セグメンテーションとは、日本語で「分割」という意味です。機...

AIの物体検出とは?YOLO・CNNなど機械学習による画像認識・最新事例徹底解説!

最新の画像認識AIのビジネス活用が進んでいます。特に映像に何が何個映っているか判断する物体検出(物体検知)は製造業の外観検査、医療や建設業などで幅広く活用されている分野です。 無料オープンソースPyt...

畳み込みニューラルネットワーク(CNN)とは?3層の仕組み・ディープラーニング他手法との関係を徹底解説!

畳み込みニューラルネットワーク(CNN)は、AI(人工知能)による画像認識の分野でよく使われる技術で、画像から様々な情報を抽出できます。 AIの中でも画像認識は、顔認証システムや自動運転などさまざまな...

アノテーションとは?AIでの必要性や種類・作業方法徹底解説!

AI(人工知能)開発に欠かせない存在のアノテーション。しかし、「アノテーションとは?」「どうして必要なの?」「どうやってやるの?」と思う方も少なくないかもしれません。 そこで今回は、アノテーションにつ...

1 2 3 4