AI(人工知能)の活用・導入を支援する
コンシェルジュサービス

記事一覧

外観検査の記事一覧

ブレインズテクノロジー、製造現場の作業を解析するAIアプリケーションの実証をデンソーにて開始

ブレインズテクノロジー株式会社は、2022年11月29日、AIアプリケーション「Impulse作業分析アプリケーション」の導入に向けた実証実験を、株式会社デンソーにて開始したと発表した。 「Impul...

ファクトリーオートメーションとは?メリット・デメリット徹底解説!AI活用で何が変わる?

「最新のファクトリーオートメーションって何?」 「自社でFAを推進するには何から始めればいいの?」 工場や倉庫の現場では、ますます自動化・省人化に対する要求基準が高くなっています。 今多くの現場で必要...

静岡大学、温室メロンの網目品質を熟練生産者レベルで認識できる等級判定AIを開発

国立大学法人静岡大学は、2022年9月20日、温室メロンが持つ網目の品質を認識可能な等級判定AIの研究開発に成功したと発表した。 この等級判定AIは、画像解析や深層距離学習といった技術を活用し、熟練生...

AIによる外観検査の活用事例10選!半導体・外壁・インフラを画像処理で点検

半導体や基盤、外壁などの外観検査は従来人の目で対応するしかありませんでした。また、高所や豪雪地帯などの危険地域や巨大構造物の点検も目視、かつ低頻度で行わざるを得ませんでした。目視検査は安全性のリスクや...

インフラ・太陽光発電施設の外観検査システム開発厳選9社!ドローン・ロボットによる点検導入方法

道路・橋梁・高鉄塔・大規模プラントなどの社会インフラ、太陽光施設などの大型構造物は機能維持のために点検・メンテナンスが欠かせません。 現在ある多くの社会インフラは高度成長時代に一斉に建築されているので...

製造業・工場での外観検査AIシステム開発厳選13社!半導体・基板・食品加工へも活用可能

製造部品の検品業務の自動化、効率化、作業均質化を目的に、外観検査に使うAI(人工知能)システム開発を検討する企業が増えています。 従来の目視検査から画像検査による外観検査に移行するタイミングで、AIの...

異常検知・異常検出に強いプロ厳選のAI開発会社8社!【2022年最新版】

異常検知や外観検査、異音検知に、AIを活用したシステム開発を検討されている企業が増えています。しかし、実際にAI開発の委託や外注を検討する上で、どの会社に見積依頼や相談をすべきか悩んでいる企業も多いの...

AI(人工知能)を活用した品質管理とは?導入メリットや3つの活用事例も解説

AI(人工知能)を活用した品質管理のサービスが増えています。背景には、少子高齢化による労働人口の減少や、働き方改革による業務効率化の推進、ディープラーニングの急速な進展によるAI技術の飛躍的な進歩があ...

画像のセグメンテーションとは?セマンティック・インスタンス手法の活用方法

ディープラーニング(深層学習)の発展によって、機械学習に基づいた画像認識技術の一つである「セグメンテーション」の技術は飛躍的に進歩を遂げています。 「AIを活用したセグメンテーションとは?」「AIセグ...

目視検査とは?種類・方法・課題を徹底解説!AIで自動化するメリットは?

基本的に外観検査には人間の目で見て行う「目視検査」が用いられています。しかし、人が行う目視検査にはさまざまな課題が存在するため、AIの活用が進み始めています。 「人が行う目視検査の課題とは?」「AIに...

1 2