生成AI、ディープラーニング等のAI活用・導入支援
コンシェルジュサービス

記事一覧

データ分析の記事一覧

AI(人工知能)開発事例を14の業界別にご紹介!機能上の分類もわかりやすく解説

AI(人工知能)が私たちの生活に近いところで活躍を始めています。スマホの音声入力や電話サービスの自動受け答えなど、実際にAIを活用したサービスを利用している方も少なくないでしょう。AIは個人向けのサー...

IDOM CaaS Technology、自動車の未来残価を予測するAIをセカンドサイトアナリティカと共同開発

株式会社IDOM CaaS Technologyは、2024年2月20日、自動車の未来残価を高精度で自動予測するAIモデルを開発したと発表した。 IDOM CaaS Technologyは、月額カーラ...

NVIDIA社、エンタープライズ向けの生成AI事業を加速させるべく、Microsoft社と連携

NVIDIA社は、2023年5月24日、エンタープライズ企業向けの生成AI事業を加速させるべく、Microsoft社と連携すると発表した。 NVIDIA社はGPUの開発・提供などを手がける企業であり、...

AI開発に強いシステム開発企業22社!日本最大級AIコンシェルジュ厳選【2024年最新版】

AI(人工知能)を活用・導入して自社ビジネスの売上向上、業務改善を推進している企業は非常に多くなっています。昨今、ChatGPTを代表する生成AIの登場により、AIがより身近になり、企業でのAI導入は...

無人販売機「fuubo」のZEROと顔認証AIのトリプルアイズ、フードロス削減に向けて資本業務提携

ZERO株式会社と株式会社トリプルアイズは、2024年2月13日、資本業務提携契約を締結したと発表した。 ZEROはフードロスの削減を図る無人販売機「fuubo」を開発する企業であり、トリプルアイズは...

エモーションテックのテキストAI分析サービス「TopicScan」、みずほ信託銀行の個人株主分析サービスに採用

株式会社エモーションテックは、2023年12月20日、同社のテキストAI分析サービス「TopicScan」がみずほ信託銀行株式会社の個人株主分析サービスに採用されたと発表した。 エモーションテックは、...

LayerX、LLMを用いた文書処理効率化ソリューションを三井物産デジタル・アセットマネジメントへ本格提供開始

株式会社LayerXは、2023年11月9日、LLM(大規模言語モデル)を用いた文書処理効率化ソリューションの本格提供を、三井物産デジタル・アセットマネジメント株式会社に向けて開始したと発表した。 L...

AI英語スピーキング学習アプリ「スピーク」の米Speakeasy社、追加資金調達で評価額が2倍以上に上昇

米Speakeasy社は、2023年7月19日、第三者割当増資による追加資金調達を実施したと発表した。 Speakeasy社は、AIを相手にスピーキングを学べる英語学習アプリ「スピーク」の開発・提供を...

AIで営業を革新するアップセルテクノロジィーズ、AEI開発に取り組むpluszeroと資本業務提携

アップセルテクノロジィーズ株式会社は、2023年6月28日、株式会社 pluszeroと資本業務提携を行うと発表した。 アップセルテクノロジィーズはAIコールシステム「UPSELL CLOUD」の開発...

BlueMemeと九州大学が量子AIを用いたバイオメディカル分野特化の大規模言語モデルの共同研究を開始

株式会社BlueMemeは、2023年6月14日、「量子AIを用いたバイオメディカル言語モデル」の社会実装に向けた研究を、九州大学と共同で開始したと発表した。 BlueMemeは、日本のローコード開発...

1 2 3 26