AI(人工知能)の活用・導入を支援する
コンシェルジュサービス

記事一覧

医療の記事一覧

アドダイス、山梨県中央市および株式会社アルプス、豊前医化株式会社と共に、県民の健康寿命延伸を目指して「健康見守りAI」の実証実験スタート!

株式会社アドダイスは、2022年7月以降順次、山梨県中央市、株式会社アルプス、および豊前医化株式会社と連携し、独自の特許技術である「SoLoMoN Technology」に基づく人工知能「ResQ A...

糖尿病AIアプリ「dAlbet」でSBI証券と連携 生活改善策表示し、予防取り組めるよう促す

国内最大規模の診療データベースを保有するメディカル・データ・ビジョン株式会社と、国内最大となる約845万証券口座を持つ株式会社SBI証券※1は、糖尿病予防を推進するための連携を開始すると発表した。 ※...

サムライインキュベート、全脳の画像とビッグデータで“未病段階”から認知症リスクを分析する「エム」へ出資決定

創業期のスタートアップから出資・成長支援を行う株式会社サムライインキュベートは、同社運営ファンドより、株式会社エムへ出資したことを発表した。 <本ニュースの10秒要約> サムライインキュベート、認知症...

医用画像分野におけるAI開発・活用の推進に向けて「医用画像通信技術研究組合」を設立

国立大学法人東京大学、ソフトバンク株式会社、ヤフー株式会社および株式会社クリプタクトなどは、CT検査やMRI検査などの医用画像分野におけるAI開発・活用の推進を行うことを目的に、「医用画像通信技術研究...

ブレインヘルスケアのSplink、ミレニアとPSPと3社連携。世界初、脳の健康状態を“見える化”するトータル予防ソリューション「ブレインヘルスケア・プログラム(TM)」を提供開始

ブレインヘルスケア領域の医療AIスタートアップである株式会社Splinkは、2022年5月20日、株式会社ミレニアとPSP株式会社との3社連携によるサービス提供体制を整備したと発表した。 今回の連携に...

AIメディカルサービス、SoftBank Vision Fund 2をリード投資家とするシリーズCラウンドで日本企業への投資として最大規模の総額80億円を調達

株式会社AIメディカルサービスは、SoftBank Vision Fund 2をリード投資家として、既存投資家であるグロービス・キャピタル・パートナーズ、WiL, LLC.、インキュベイトファンドが参...

AI(人工知能)導入のメリット・デメリットや業界活用事例

2010年代はスマートフォンの進化と普及がビジネスや人の生活を大きく変えた時代だと言われていますが、2020年代は人工知能の進化が世の中の変化に大きく関わってくるだろうと考えられています。 しかし、今...

画像認識・画像解析のAI開発に強い!プロ厳選の開発会社12選【2022年最新版】

画像認識・画像解析のAI(人工知能)を開発し、自社ビジネスへの導入や活用を検討している企業は増加傾向にあり、実際のビジネスに活用している企業も出てきています。 特に、画像認識・画像解析のAIは、異常検...

【介護業界AI活用サービス4選】危険予兆動作検知からコミュニケーションロボットまで(2022年最新版)

さまざまな職種で人手不足が叫ばれる中で、介護業界は最も人出が不足している業界の1つであるといえます。少子高齢化はこれからも進み、人手不足問題は放っておいたのでは解決しそうにありません。 そこで、AI(...

AI画像認識とは?仕組みや13の導入活用事例を徹底解説

AI(人工知能)の機能の1つに、「画像認識」があります。AIの画像認識では、これまで実現できなかったレベルの、画像の意味を理解する、ということまで可能になっています。 また、AI画像認識は、一般の人が...