生成AI、ディープラーニング等のAI活用・導入支援
コンシェルジュサービス

記事一覧

音声認識の記事一覧

寺院デジタル支援の366、電話/音声AIで高齢者の安否を確認する「おてらコール」をNTT東日本と共同開発

株式会社366は、2023年12月25日、高齢者見守りサービス「おてらコール」をNTT東日本(東日本電信電話株式会社)と共同開発したと発表した。 366は、デジタル化による寺院支援を手がける企業だ。「...

感情分析とは?導入のメリット・デメリットや5つの活用事例徹底解説!

長らくコンピューターで人間の感情を分析するのは不可能だと考えられていました。しかし、感情認識AIの進歩によって、声や表情、テキスト情報を基に人間の感情を数値化して解析できるようになっています。 AIに...

リアルタイム音声認識が可能なコールセンターシステム「Omnia LINK」、東邦ガスの窓口に導入

ビーウィズ株式会社は、2023年12月14日、同社のクラウドPBX・コールセンターシステム「Omnia LINK」が東邦ガス株式会社に導入されたと発表した。 ビーウィズはカスタマーサービスのDXを支援...

ボイスボットとは?人件費・労力削減可能?AIとIVR(自動音声)の決定的違い・事例徹底解説!

顧客対応部門やコールセンターで「ボイスボット」を用いたAI化が進んでいます。ボイスボットを利用すれば、「あふれ呼による機会損失が多い」「コールセンターの人手が足りない」といった悩みの解決につながるほか...

PKSHAグループと三井住友トラストHDが大規模言語モデルを活用した次世代コンタクトセンターを構築開始

株式会社PKSHA Technologyは、2023年9月6日、大規模言語モデルを活用した次世代コンタクトセンター構築プロジェクトに着手したと発表した。 このプロジェクトは、PKSHA Technol...

NTT東日本とセコムによる、特殊詐欺に対する高齢者の防犯意識向上を目指す協働実証実験について

東日本電信電話株式会社は、セコム株式会社と、特殊詐欺に対する高齢者の防犯意識向上を目指した協働実証実験を2022年5月1日より開始すると公表しました。 NTT東日本が特殊詐欺に関する実証実験を警備業界...

電話応対AIサービス「LINE AiCall」、クラウド型CTI「CT-e1/SaaS」と連携してコールセンターのAI化を支援

ワークスモバイルジャパン株式会社は、2023年10月24日、同社の電話応対AIサービス「LINE AiCall」において、 株式会社コムデザインが提供するクラウド型CTI(コールシステム)「CT-e1...

RevCommの音声解析AI電話「MiiTel」、インドネシアで医療保険制度の利用強化を支援

株式会社RevCommは、2023年10月17日、同社が開発した音声解析AI電話「MiiTel」の提供により、インドネシア社会保障庁が運営する医療保険制度の利用強化を支援すると発表した。 RevCom...

ひろゆき氏のAI音声を生成できる「おしゃべりひろゆきメーカー」、公開1週間で4億文字以上を出力

株式会社CoeFontは、2022年9月20日、同社のAI音声ジェネレーターサービス「おしゃべりひろゆきメーカー」が公開1週間で4億文字以上のAI音声出力を記録したと発表した。 CoeFontは、AI...

コールセンターシステム「BIZTEL」のリンク、AIボイスボットの普及に向けてAIベンチャーのオルツと協業開始

株式会社リンクは、2023年4月4日、AIボイスボットの普及に向けた協業を株式会社オルツと開始したと発表した。 リンクはクラウド型コールセンターシステム「BIZTEL」を展開する企業であり、オルツはパ...

1 4 5 6 7 8